株式会社ビースタイル

  • 仕事をお探しの方
  • 法人のご担当の方
  • ビジョンと戦略
  • 企業情報
  • 事業内容
  • ソーシャルアクション
  • ニュース・調査発表
  • 採用情報

家庭と仕事を両立させ、子供とのコミュニケーションも充実 ”6→9”ファミリーシフト制度スタート ~就労志向を持つ主婦の最も忙しい時間帯 1位は6時~8時、2位は18時~20時~

2013年12月21日(金)
株式会社ビースタイル


PDFファイルで表示PDFファイルで表示

主婦に特化した人材サービスを展開する株式会社ビースタイル(本社:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦、
以下ビースタイル)は、家庭を持つ社員が家族・育児に関わる時間を創出することによる、ワークライフバランスの向上を目的として、
『6→9ファミリーシフトDAY』制度をスタートしました。

<家事育児で一番忙しい時間帯は6時~8時、18時~20時>
ビースタイルの調査機関しゅふJOB総研にて、働く意欲のある主婦層を中心に仕事と家庭の両立についてアンケートを行ったところ、「1日のなかで自由になれる時間帯はいつですか?」という質問に対して最も少なかった、
「6時~8時」と「18時~20時」が働く主婦にとって最も忙しい時間帯だと言えます。
 こういった声を反映させる形で、弊社は『”6→9”ファミリーシフトDAY』制度を導入。
家事育児で一番忙しい時間である午前・午後6時~9時の時間帯に、家庭を持つ社員が帰宅して家事を手伝えるようにし、家庭と仕事の両立の実現を支援。早く帰った分の労働時間は、社内にて協力体制を引きつつ生産性を上げることにより補完していくという取り組みになります。 『家事・育児に対する職場の理解』の必要性を自ら体現しながら、
広く世の中の企業に働き方の『シフト』の重要性を啓蒙する活動の一環として取り組みます。

<『”6→9”ファミリーシフトDAY』制度概要>
【目的】
家庭を持つ社員が家事・育児に関わる時間を創出することによる、ワークライフバランスの向上
【対象】
結婚している、または子どもと同居している正社員・契約社員
【実施内容】
毎月2回、希望日を『”6→9”ファミリーシフトDAY』とし、対象社員は勤務時間を10時~17時とすることができる。(朝6時~9時と夜6時~9時に家事・育児ができる働き方にシフトさせる。)


/uploads/2013/12/78692eb8438a92f7e11a516981ad7fad.jpg



















【 6→9ファミリーシフトで家族団らん♪精神的な充足感で翌日以降の仕事の生産性もUP!】
◆Before(抱えていた悩み)
     仕事と家事の両立のしわ寄せは、コミュニケーション時間の減少!?
     仕事と家事をこなすだけでいっぱいいっぱい。
     多感な時期にも関わらず子どもコミュニケーションを取る時間が取れていなかった。


◆After(“6→9”ファミリーシフトでどう変化したか?)
     朝と夕方に時間が取れることで、5歳の子供のペースに合わせて過ごすことができた。
     いつもは朝夕と子どもを急かして家事・育児を完了させることにのみ集中していたが、
     ゆとりを持って過ごすことができた。


/uploads/2013/12/93341571b8e6c8c3f920dfb76c494b31.jp




















<株式会社ビースタイルについて>
企業理念は「best basic style」。時代に合わせて新たなスタンダードをつくる会社です。この理念に基づき、2002年の創業以来、働きたい主婦に対して就業支援を行って参りました。約11年間で生み出した主婦の雇用数はのべ3万人。女性がそれぞれの価値観、ライフスタイルに合わせて働ける社会の実現に向け、派遣・在宅・エグゼパートなど、様々な人材サービスを提供しています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪本プレスリリースに関するお問い合わせ先≫
(株)ビースタイル 広報担当:金子・柴田・川上 
〒160-0022 東京都新宿区新宿4-3-17 ダヴィンチ新宿ビル5F
Tel:03-5363-4402  Fax:03-5363-4544  Mail:pr@b-style.net 
ホームページ:/
※報道関係者のかた向けに、当リリースに掲載しきれなかったアンケート結果をご用意しています。
※本リリースの引用の際は、必ず「ビースタイルしゅふJOB総合研究所調べ」とクレジットを
明記していただきますようお願い申し上げます。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━