株式会社ビースタイル

  • 仕事をお探しの方
  • 法人のご担当の方
  • ビジョンと戦略
  • 企業情報
  • 事業内容
  • ソーシャルアクション
  • ニュース・調査発表
  • 採用情報

VERYとビースタイルが、サービス名 『スマートキャリア』を共同開発! ~時短には、時短以上の価値がある~詳細は、VERY 3月号(2/7発売)にて

2018年2月7日(水)

株式会社ビースタイル


 株式会社ビースタイル(本社:東京都新宿区、代表取締役会長 三原邦彦、以下「ビースタイル」)は、主婦層に人気の雑誌「VERY」の協力を得て、新サービス名「スマートキャリア」を共同開発いたしました。VERYは、これまでにも新しい「働くママ像」を表現する造語、「ミセスCEO」、「リーマム」などを生み出してきましたが、今回の「スマートキャリア」には、仕事と家事の両立に悩む世のママ達が、時間の制約があっても「無理なく」「自分らしい」働き方ができるように、という想いを込めております。
『スマートキャリア』は、主婦×ハイスキルの女性を支援してきた「時短エグゼ」の新しいブランド名となりますが、単なるサービス名称では終わらずに、女性・主婦のキャリア変革のために広く社会に浸透し、使われていく言葉になるよう願っています。
 VERY3月号(2月7日発売)では、12ページにわたってスマートキャリアを紹介。「今どき“スマートキャリア”で ママはもっと自由になれる!」と題し、VERYモデル クリス-ウェブ 佳子さんとビースタイル代表三原の対談や、実際に「スマートキャリア」な働き方をする子育て中のママに密着取材した様子が掲載されます。

新ブランド名 スマートキャリア ~時短には、時短以上の価値がある。~


VERY 3月号表紙


スマートキャリアとは?

働く時間に制約のある人が短時間・短日数で生産性高く仕事をこなすような、『スマート』の意味である「賢い」「かっこいい」働き方を意味しています。時間や日数が少なくても、生産性を上げることでこれまでと同程度の給与で働けたり、キャリアアップすることもできます。その例は、女性に限りません。

なぜスマートキャリアが必要なのか?

ビースタイルがアンケート調査を行った結果、「上司や同僚の無理解」「制度の不整備」といった状況が多く存在し、とてもネガティブな状況があることが分かりました。時短で働くことに対して「働きづらい」「キャリアダウンになりそう」というイメージが強かったのです。




求職者様向けページはこちら
https://smartcareer.b-stylejob.jp/
企業様向けページはこちら
https://smartcareer.b-stylejob.jp/biz/


VERY 編集長 今尾朝子コメント

キャリアのある女性が出産や子育てを機に退職し、その後、復職を考えるものの自分に見合う仕事を見つけられないでいる。そのタイムラグが長いほど、気持ちのハードルが高くなる。そんなときに、あなたには十分価値がある、相談に乗りたいと言ってくれる誰かがいたら。自分の価値がただ値踏みされるのでなく、仕事と家庭のバランスを取りたいと願う気持ちをもっともだと肯定し、力になりたいと言ってもらえたら。もし、そんな相手がいたら、次のステップに向かう勇気と一緒に、新しい自分に挑戦できる。キャリアを無駄にしないこと、その価値が"私たち“にあることを教えてくれるサービスがここにあると思った。

今尾編集長 プロフィール
「VERY」編集長。神奈川県生まれ。O型。1998年(平成10年)に光文社に入社。その後、「VERY」編集部、新雑誌開発室、「STORY」編集部を経て、2007年(平成19年)9月より現職。2012年(平成24年)から「VERY」ブランド事業部室長を兼任。

VERYとは
母として、妻として輝く30代女性に支持されるファッションライフスタイル雑誌。「基盤のある女性は、強く、優しく、美しい」がメッセージ。結婚、出産、子育て、復職、初めてづくしの日々を送る女性たちの良き理解者として併走していきます。毎月7日発売(地域によって異なります)。1995年6月創刊
https://veryweb.jp/


株式会社ビースタイル 代表取締役会長 三原 邦彦コメント

「時短で成果を出すかっこいい働き方」 「キャリアを活かした自由な働き方」を社会に広めていくために、この働き方に名前をつけようと考えました。そこで、「ミセスCEO」や「リーマム」という言葉を作ってきたVERYにネーミングの協力をしてもらうのがよいと思い、共同開発を依頼しました。
VERY編集部は、「女性が経験を活かしながら自由に働ける社会を実現するには、男性も含めた働き方の変革、働き方の多様性を受け止める社会の変革が必要です。」「でも、だからこそ、時短ママの働き方を変えていくことから始めましょう。」とママや社会に浸透する働き方に名前をつけることに賛同してくれました。

ビースタイルは2002年に創業し、主婦向けの時短派遣サービスで事業を展開してきました。当時、企業が時短で働く方の受け皿を準備できておらず、結婚・出産を機に退職する女性は多く、主婦の再就職も非常に困難な時代でした。それから15年、ビースタイルがお手伝いした就業者数は累計10万人を超え、年間約1万6000人の働きを創る企業へと成長しました。
これからの新しい時代に向けて主婦、女性の「スマートキャリア」な働き方変革を行い、男性にも、社会全体にもこの「スマートキャリア」が浸透してくれたら、きっと社会はもっと自由で豊かなものになると思っています。


スマートキャリアとは?
時短でもキャリアを継続したい女性のための転職エージェント。『スマートキャリア』によって専門職・管理職経験があるエグゼクティブ層の働き方の選択肢を増やすことで、付加価値の高い仕事が出来る人材の労働市場からの退出を防ぎ、エグゼクティブ層であってもワークライフバランスが取れ、活躍し続けられる職場を創造することを目的としています。更に、事業の伸びしろはあるがエグゼクティブ人材の獲得に苦戦している中小ベンチャー・スタートアップ企業と優秀な人材を結びつけることで、日本経済の活性化を実現することができると考えています。 
ビースタイルとは?
『時代に合わせた価値を創造する(best basic style )』を企業理念とし、現代の働き方・キャリアについての矛盾を解決するための事業を『主婦』に焦点を当てて展開しています。事業を通じて『主婦』がより活躍できる機会をつくり、社会システムの変革を実現します。


本プレスリリースに関するお問い合わせ先


(株)ビースタイル・グループ広報担当:兒玉・柴田・川上 
〒160-0022東京都新宿区新宿4-3-17FORECAST新宿SOUTH7階
Tel:03-6758-0085 Fax:03-5363-4544 Mail:pr@b-style.net
ホームページ:http://www.bstylegroup.co.jp/