株式会社ビースタイル

  • 仕事をお探しの方
  • 法人のご担当の方
  • ビジョンと戦略
  • 企業情報
  • 事業内容
  • ソーシャルアクション
  • ニュース・調査発表
  • 採用情報

10月から社会保険適用枠拡大!<扶養枠に関するアンケート調査>扶養枠外すなら、時給1500円 扶養枠を外すか否かに賃金相場が影響!~しゅふJOB総研調べ~

2016年9月14日(水)

株式会社ビースタイル


主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル/本社:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦)の調査機関しゅふJOB総研は、『社会保険料と働き方』をテーマに主婦会員に向けてアンケート調査を行いました。以下、結果をご報告します。(有効回答数960件)

リリース概要


1.今よりも賃金相場が高くなり収入を上げやすい環境になったとしたら、
  「扶養枠に収める」と「扶養枠を外す」と働き方が拮抗
2.時給が1500円以上なら扶養枠外す53.3%

今よりも賃金相場が高くなり収入を上げやすい環境になったとしたら、
  「扶養枠に収める」と「扶養枠を外す」と働き方が拮抗

グラフ


時給が1500円以上なら扶養枠外す53.3%

グラフ


■しゅふJOB総研 所長 川上敬太郎より

 今年6月にアンケートを取得した際は、扶養枠内に収めるという声が39.8%、扶養枠を外すという声が19.5%でした。今回は、質問に「もし、今よりも賃金相場が高くなり収入を上げやすい環境になったとしたら」という条件を付けてアンケートを取得しています。

 その結果、扶養枠内に収めるという声が6.0ポイント下がり、扶養枠を外すという声が11.9ポイント上昇しました。賃金相場は主婦層の働き方選択に大きな影響を与えることがわかります。

では具体的にボーダーラインとなるのはいくらなのか。今回のアンケートからは、時給1500円以上という目安が導き出されました。労働価値が高く評価されることになれば、働くことに積極的な姿勢を示す主婦が増える可能性があります。

主婦層には、しっかりとしたキャリアを携えている優秀な人材が多数存在します。主婦層の実力に見合った仕事が増えることで時給が上昇していけば、自然な形で扶養枠を外す主婦層が増えていくことが推察されます。

いま政府では配偶者控除の見直しが議論されていますが、主婦がより活躍できる社会へと導くにあたって最も優先されるべきは、主婦層の能力を最大限生かすことができる仕事自体の数が増えることにあると考えます。

川上所長


■調査概要
調査手法:インターネットリサーチ(無記名式)
有効回答者数:960名
調査実施日:2016年7月29日(金)から2016年8月12日(金)まで
調査対象者:ビースタイル登録者/求人媒体『しゅふJOBサーチ』登録者

<しゅふJOB総研について>
「結婚・出産などのライフイベントに関わらず、もっと多くの女性が活躍できる社会をつくりたい」。 そんな志のもとにつくられた研究室です。「女性のライフスタイルと仕事への関わり方」に対する社会の理解を高め、女性の働きやすい職場をより多くつくっていくために、定期的なアンケート等の調査を実施、結果を社会に発信して参ります。



<株式会社ビースタイルについて>
企業理念は「best basic style」。時代に合わせて新たなスタンダードをつくる会社です。この理念に基づき、2002年の創業以来、働きたい主婦に対して就業支援を行って参りました。約14年間で生み出した主婦の雇用数はのべ5万人。女性がそれぞれの価値観、ライフスタイルに合わせて働ける社会の実現に向け、派遣・在宅・エグゼクティブなど、様々な『しゅふJOBサービス』を提供しています。


footerbanner_report


本プレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社ビースタイル
広報担当 : 柴田、川上
TEL:03-6758-0085  FAX:03-5363-4544  e-mail:pr@b-style.net

※当リリースに関して、代表三原へのインタビューのご要望があれば広報までご連絡ください。

※本リリース引用の際は、必ず「しゅふJOB総合研究所調べ」とクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。