社員インタビュー

 採用情報を見る  
 

苦労は大歓迎!後輩の失敗は
俺が必ずフォローする!

中村 翼 (Tsubasa Nakamura)

しゅふJOBアライブ 営業職 2014年 新卒入社

  

新人賞 目指すはマネージャー 後輩育成

中村トップイメージ
中村トップイメージ(スマホ)

中村 翼 (Tsubasa Nakamura)

しゅふJOBアライブ 営業職
2014年 新卒入社

僕の仕事は「The営業!」

—まず、中村さんが所属している「しゅふJOBアライブ」について教えて下さい

「しゅふJOBアライブ」は、求職者の方々へブランクがあったとしても安心して復帰できるお仕事をご用意、かつ企業様へは信頼出来る人材を予算内で大量採用を行うことを可能にする人材派遣・紹介サービスです。僕はそこで営業として働いています。

—どのようなお仕事を主に担当しているのですか?

主に担当している仕事は、企業様へ訪問し求人を頂くことですかね。
テレアポで興味を持ってくださった企業へ商談に伺い求人を頂く「新規開拓営業」を行うこともあれば、 ビースタイルを以前から利用してくださっている企業様へ訪問し求人を頂く「既存顧客への営業」を行うこともあります。

ーThe営業!って感じですね、他にも担当していることはありますか?

今年の春しゅふJOBアライブに入ってきた新人2人の教育と指導を担当しています。
彼らがアポイントを取った商談へ付き添ったり、逆に僕の商談に同行してもらったり。
他にもテレアポ等のアドバイスをしたり、こまめに相談に乗って困っていることがあったらそれを解決するためのヒントを与えたりしています。

—新卒3年目で後輩指導だなんてすごいですね…

光栄なことに任せてもらってます。
新人二人とも「早く一人前になりたい!」というとても強い成長意欲を持っていて、とても頑張ってくれていますよ。
中村写真01

ビースタイルで成長できる理由

ー社風や職場環境はどう感じていますか?

職場の雰囲気がとにかく明るいと感じていますね。
それは立場関係なく、互いに思いやりを持って行動していること。そして妥協せず真面目に業務に取り組むこと。また下がミスをしてしまったら上はフォローし時にはしっかり指導すること。そのような良い仕事をするためのベースがあるからこそ実現している雰囲気であり環境なんだと思います。

ーそれはチームで成果を出すために不可欠なベースですね

まさにそうです。
また、ここはすぐに成果は出なくとも頑張っている人の努力を認め、評価してくれる良い職場環境だとも感じています。成長したい!と頑張っている人間を受け入れ、成果出ないからとすぐ見捨てたりせず成長の後押しをしてくれる先輩達がいるんですよ。
僕も今は新人を指導する立場なので、成長したい!と頑張っている2人をどんどん後押ししたいですね。

ー中村さんのそのような姿勢が新人二人の成長意欲へと結びついているのでしょうね…

新人賞受賞!でもそれは僕だけの力じゃない

中村写真02

ー入社してから、一番心に残っているエピソードはなんですか?

いろいろありますが、一番は新人賞を受賞したことでしょうか。

—新人賞!?同期の中でもらえるのは1人だけなんですよね、すごいじゃないですか!

いや、そんなことはないですよ。他の人はわからないですけど、僕は新入社員時代そこまで新人賞に対してこだわりとかなかったんです。ただ「多く掲げている目標の中の一つ」という認識でした。

—といいますと?

新入社員時代、僕はただひたすら早く結果を出したいと思っていて。
そのために全てのタスクに対して目標を掲げ、その目標を最速で達成するには今何をするべきか?と常に考え動いていたんです。
それだけでなく帰ってからも自分を奮い立たせるために、自室中に「これを達成する!」と目標を掲げた紙を貼りまくっていました(笑)。

ー中村さんが!?意外です!そしてその自室に貼っていた目標の一つが「新人賞受賞!」だったわけですか

そういうわけなんです。
そうしてるうちに僕の成長意欲を認めてくださった先輩方から、「お前の成長を後押ししてやるぜ!」とサポートしてもらえるようになったんです。
結果として「新人賞受賞!」という目標の一つを達成することができました。自分の1年間の成果が出た!と純粋に嬉しかったです。しかし、それよりも新人賞を受賞できたのは先輩社員からのサポートがあったからこそであり、それに対する感謝の気持ちの方が強かったですね。
そういう意味では一番心に残っているエピソードです。

ーいろんな想いがこもった新人賞だったのですね

苦労した分だけ人は成長できる、そう経験が教えてくれた

ー中村さんには、将来の目標はありますか?

これは強くあるんです!よくぞ聞いてくれました!
僕の目標はずばり!すぐにマネージャーになることです!

ー3年目でマネージャー!なぜそのように思うのですか?

なぜって、楽しそうだからです!
会社全体の財務状況や売り上げ等を把握しつつ、部署全体での成績を管理したり。部署の目標数字を達成するためにどのような施策を打つのか考えたり、人材を適材適所に配置したりすることが出来たら絶対楽しいじゃないですか。

ー確かに!しかしそれってすごく大変ですよね?

もちろん大変なのは百も承知です。
ビースタイルだけでなく営業先の財務状況を読むための経理知識も必要となってきますし、マーケティングで市場を分析し、次々に新しい企画を出して新市場に乗り込んでいく力なども必須です。何より部署メンバーひとりひとりへのマネジメントも欠かせません。 絶対大変だし苦労すると思います。
ただ僕は、苦労した分だけ成長できたという経験がありますから、むしろ苦労は大歓迎なんです。

ー経験者は語る、ですね。今その目標を達成するために、されていることは?

今の自分が最大限にできることをする!ですかね。まずチームの数字に貢献出来るような結果を出すなどして、ベースを固める。その上でマネージャーとして絶対必要なスキルも磨いています。

—ベースはやっぱり大事ですよね。マネージャーとして必要なスキルとは、具体的には何を?

そうですね、一例を挙げるのならば新人教育を全力でやっていますね。人材育成もマネージャーの仕事のうちだと考えていますから。

ーあ!そういえば新人の教育方針についてはまだ聞いていませんでした!教えてください!

教育方針というより心がけていることとして、頭に入りやすくかつ理不尽な想いをさせないよう論理的な指導をする。
なにより、失敗を恐れずに挑戦ができるよう
「とりあえずやってみなさい、失敗しても必ずフォローする!」という姿勢を取り、前だけを向いて仕事に打ち込める環境を作っています。

ーその上で成長したい!と動いている人をどんどん後押しするんですもんね…素敵です!

ある日のスケジュール
10:00
出社
一日のスケジュールを確認
10:30
電車で移動
商談先へ
11:00
商談同行
新人佐久間さんがアポをとった企業様へ一緒に訪問
営業トークのサポートをしつつ求人を頂く
12:30
移動兼ランチ
14:00
商談
新規の求人を頂くべく、アポの取れた企業様へ訪問
15:30
帰社、頂いた求人を見返し
求人を同部署のコーディネーターへ連携
16:30
テレアポ
新人に電話のかけ方をアドバイスしつつテレアポ
19:00
新人と1日の振り返りをして退社
中村スケジュール写真
佐藤

<インタビュアー紹介>
デザイナーS藤。2016年新卒入社。
サプライズ人事により新卒未経験でデザイナーとなる。
先輩方からの指導を受けつつ、一人前目指して猛進中。
音楽をはじめとする趣味嗜好が古い。