株式会社ビースタイル

  • 仕事をお探しの方
  • 法人のご担当の方
  • メッセージ
  • 企業情報
  • 事業内容
  • ソーシャルアクション
  • ニュース・調査発表
  • 採用情報

【主婦1000人に聞く】2度目の緊急事態宣言を受けて、「時給を重視するようになった」43.6%|就業状況、過半数が「変わらない」一方で「シフトが減った」24.8%

2021年2月2日

ビースタイル グループ


 主婦に特化した求人サイト『しゅふJOBパート』(事業運営者:株式会社ビースタイル メディア/本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小牟田斉美)は、「2度目の緊急事態宣言下の、主婦の求職意欲・就業意欲」について主婦層を対象にアンケート調査を行いました。(回答者総数1000名が、それぞれの質問に任意で回答)

調査結果概要

・求職中の主婦に聞く
└求職意欲:「変わらない」41.4%
└時給:「あまり気にしていない」49.8%、「重視するようになった」43.6%

・就業中の主婦に聞く
└現職への影響:「変わらない」51.7%、「シフトが減った」24.8%
└現職の就業意欲:「変わらない」43.2%


求職中の主婦に聞く

求職意欲:「変わらない」41.4%
 

※参考データ(2020年6月調査、2020年7月1日発表)
「緊急事態宣言の解除前後で、お仕事探しをする気持ちの変化はありましたか?(単一回答、n=904)」という問いに対し、1回目の緊急事態宣言後の主婦の反応は、仕事探しへの意欲が「高まった」40.2%、「変わらない」29.9%、「低くなった」30.0%でした。今回の調査と比べても「低くなった」の比率にはほとんど変化がなく、緊急事態宣言下でも仕事探しへの意欲が継続していることがわかります。


時給:「あまり気にしていない」49.8%、「重視するようになった」43.6%
 


就業中の主婦に聞く

 
現職への影響:「変わらない」51.7%、「シフトが減った」24.8%
 


 


※「休業になり仕事がない」が大きく減少し、「変わらない」が大幅に増加しました。前回ほどの大きな混乱はなかったものとうかがえます。しかし、4人に1人はシフトが減り、1割が休業や解雇になっており、家計への影響が心配されます。

 
現職の就業意欲:「変わらない」43.2%
 

※フリーコメントより

◇現職の就業意欲は高くなった、やや高くなったと回答した人
・自分の理由以外で、仕事をやめることはないと思っていたが、先が読めない社会になっていることと、
 仕事の状況はあまりよくないので、自分自身を高めていかないと、解雇されるかもしれないという危機感
 が生まれた。
・解雇の心配がない仕事だから
・医療従事者の皆さんの頑張りをみて、自分に出来ることに集中したいと感じた。
 
その他、「仕事があるだけでもありがたい」という声も複数寄せられました。
 
◇現職の就業意欲は低くなった、やや低くなったと回答した人
・もっとコロナ対策を重視する職場がいいと思うようになりました。
・コロナが完全に落ち着くまでは仕事が不安定になるので、安定した就業先を考えている。
・シフト、時給のカットがこの先あり得ると宣告されたから
 
低くなった理由としては、職場の対応や、将来性への不安、また、感染リスクを避けたいという声が多く寄せられました。

他のフリーコメントやアンケート詳細は、情報サイト『しゅふJOBナビ』でご紹介しています。

主婦1000人に聞く「2回目の緊急事態宣言」お仕事探し/就業への意欲は変わった?
https://part.shufu-job.jp/news/solution/14099/(しゅふJOBナビのページへ)
 

■調査結果概要
調査方法  :インターネットリサーチ(無記名式)
有効回答者数:回答者総数1000名、それぞれの質問に任意で回答
調査実施日 :2021年1月16日~2021年1月21日まで
調査対象者 :求人媒体「しゅふJOBパート』登録者


しゅふJOBパートとは?

しゅふJOBパートロゴ パートのお仕事探しならしゅふJOBパート!扶養内・短時間・週2日~週4日で働けるパート・アルバイトや、正社員業務委託、派遣まで、主婦歓迎のお仕事情報が満載!主婦に嬉しい条件で探せる、主婦と主夫のためのパート求人サイトです。
https://part.shufu-job.jp




ビースタイル グループについて

best basic style~時代に合わせた価値を創造する~を共通の基本理念に掲げ、その時代の社会問題や人々の不便を革新的な事業によって解決しようと取り組んでいます。創業以来、主婦の雇用をのべ16万人以上創出してきた『しゅふJOB』や時短×ハイキャリアを実現する『スマートキャリア』、すきま時間で働く『ご近所ワーク』など人材サービス事業を主軸に、RPA導入支援や民泊清掃、スーパーフード“モリンガ”のプロデュースなど事業領域を広げながら、グループ共通のバリュー「四方善」を実践して参ります。


本プレスリリースに関するお問い合わせ先

ビースタイルグループ広報担当:柴田・兒玉・川﨑・川上

Mail:pr@b-style.net
お問い合わせページ:https://www.bstylegroup.co.jp/contact/media/

※本リリースの引用の際は、必ず「しゅふJOBパート調べ」とクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。