株式会社ビースタイル

  • 仕事をお探しの方
  • 法人のご担当の方
  • メッセージ
  • 企業情報
  • 事業内容
  • ソーシャルアクション
  • ニュース・調査発表
  • 採用情報

【主婦層に聞く、ワクチンと第5波】休校・休園措置「あったほうが良い」76.6%、ワクチン「2回打った」39.7%、1回打った人との合計 61.2%

2021年8月25日

ビースタイルグループ


しゅふに特化した求人サイト『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル メディア/本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小牟田斉美)は、「新型コロナウイルスワクチンと第5波」について求職中の主婦層を対象にアンケート調査を行いました。(回答者総数726名が、それぞれの質問に任意で回答)

調査結果概要

・休校・休園措置「あったほうが良い」76.6%
・休校・休園措置の是非:子どもの有無別比較
・休校・休園に関するフリーコメント
・ワクチン「1回打った」21.5%、「2回打った」39.7%、「打たない」6.9%
・接種にあたっての工夫「副反応に備えて飲食物や薬の準備」63.7%
・第5波以降に見直した、自宅での感染症対策「不織布マスクをするようになった」58.9%

サマリ

夏休みも終わりに近づく中で、求職中の主婦層に休校・休園措置の是非について聞いてみたところ、「あったほうが良い」という回答が3/4を占めました。子どもの有無別で比較してみたところ、子どもがいる人の方が「あったほうが良い」と回答した人の比率が低くなりました。フリーコメントでは、預け先や仕事との両立の心配や、学校での経験を奪いたくないという声も聞かれ、できる対策は徹底した上で今しかできない経験をさせたいという思いが感じられました。
 
また、ワクチンの接種状況について聞いたところ、「2回打った」と回答した方が39.7%、「1回打った」と回答した方と合わせると61.2%となりました。予約済の方まで含めると76.1%となり3/4以上の方はワクチンを接種し終える目処が立っているようです。それでも感染症対策には引き続き慎重な姿勢が見られ、2021年7月以降(第5波)に「不織布マスクをするようになった」という方は約6割を占めました。

休校・休園措置「あったほうが良い」76.6%

グラフ1
 
グラフ1


休校・休園に関するフリーコメント

Q.そう思う理由を教えてください。(カッコ内:子どもの有無/年代)
 
休校・休園措置があったほうが良いと思う/やや思うと回答した人
・タブレットも配布し終わっているのに、どうしてこの場面で使わないのか。オンライン授業ができるなら、
 登校は避けて欲しいと思います。(子どもがいる/30代)
・休校については悩ましいが、分散登校や時差登校は行って欲しい。(子どもがいる/40代)
・まだ子供たちの親世代はワクチン未接種の人が多いと思うし、親がコロナにかかっても子供を
 見てくれる人がおらず、大変なのは目に見えています。(子どもがいる/40代)
・現在2人目を妊娠中なので、子供の感染が増えているなか幼稚園が始まるのが怖い。
 (子どもがいる/30代)
・子どもへの感染症状や、後遺症がどんなものかまだわからない点が多いため(子どもがいる/20代)
 
休校・休園措置があったほうが良いとあまり思わない/思わないと回答した人
・こどもが休みだと親は仕事に行くことができない。(子どもがいる/50代)
・一斉休校は反対。地域ごとに感染状況によって学校が判断するなら賛成。(子どもがいる/30代)
・休校によるオンライン授業は小学生低学年とかには無理があります。親係りになりますが、
 それが叶わない家庭も多くあると思います。(子どもがいる/50代)
・勉強が遅れる。学校行事等の中止があると学生の思い出が全く無くなるから。(子どもがいる/40代)
・こどもが休園になってしまい求職活動ができなくて困っている。(子どもがいる/40代)
・休校や休園は意味がない。それよりも学校に行く機会を奪う、親が面倒を見なければならないのは
 負担です。(子どもがいる/40代)
 
※しゅふJOBの姉妹サイト「しゅふJOBナビ」にて、その他のフリーコメントも公開しています
https://part.shufu-job.jp/news/survey/14717/

ワクチン「1回打った」21.5%、「2回打った」39.7%、「打たない」6.9%

グラフ1



 

接種にあたっての工夫「副反応に備えて飲食物や薬の準備」63.7%

グラフ1



 

第5波以降に見直した、自宅での感染症対策「不織布マスクをするようになった」58.9%

グラフ1



※「その他」に寄せられたコメントより抜粋

・購入したものを消毒するようになった
・仕事帰りや休みの日にたまにデパ地下へ行くのが楽しみだったが、やめた。
・買い物時間を混まない時間帯を選ぶようになった。
・コロナの正しい情報収集
・食事あとは、各々の部屋に分散するようにした。
・鼻うがいをする、外出から帰ってきたら服を着替える
・全てしているので、特に見直しと言うよりは継続
・そもそも、コロナをそこまで怖がる必要性を感じない。
・二重マスクをするようにした。


しゅふJOBナビにて、その他のフリーコメント等をご覧いただけます。​

【主婦層へアンケート】休校・休園措置に「賛成」意見が過半数/ワクチン接種率、接種時の工夫など
https://part.shufu-job.jp/news/survey/14717/

調査⼿法︓インターネットリサーチ(無記名式)
有効回答者数︓ 726名
調査実施日︓2021年8月21日(土)〜2021年8月24日(火)まで
調査対象者︓求人サイト『しゅふJOB』登録者

※本リリースの引用の際は、
必ず「しゅふJOB調べ」とクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。
Webサイトのリンクを設定いただける場合は、 こちらのURLをご記載ください。
https://part.shufu-job.jp

 

しゅふJOBとは?

しゅふJOBパートロゴ しゅふのお仕事探しならしゅふJOB!パート・アルバイトや、正社員、業務委託、派遣まで、しゅふ歓迎のお仕事情報が満載!しゅふに嬉しい条件で探せる、主婦と主夫のための求人サイトです。
https://part.shufu-job.jp


ビースタイル グループについて

best basic style~時代に合わせた価値を創造する~を共通の基本理念に掲げ、その時代の社会問題や人々の不便を革新的な事業によって解決しようと取り組んでいます。創業以来、主婦の雇用をのべ16万人以上創出してきた『しゅふJOB』や多様な働き方×ハイキャリアを実現する『スマートキャリア』、すきま時間で働く『ご近所ワーク』など人材サービス事業を主軸に、RPA導入支援や民泊清掃、スーパーフード“モリンガ”のプロデュースなど事業領域を広げながら、グループ共通のバリュー「四方善」を実践して参ります。


本プレスリリースに関するお問い合わせ先

ビースタイルグループ広報担当:兒玉・川﨑

Mail:pr@b-style.net
お問い合わせページ:https://www.bstylegroup.co.jp/contact/media/