株式会社ビースタイル

  • 仕事をお探しの方
  • 法人のご担当の方
  • ビジョンと戦略
  • 企業情報
  • 事業内容
  • ソーシャルアクション
  • ニュース・調査発表
  • 採用情報

2014年働く女性にとってどんな年?ランキング 第1位:『働き続けることがより難しくなった』約4割  

調査サマリー

【女性×働くについて】
1.2014年は『保育園不足やマタハラなど、働き続けることがこれまでより難しくなった年』39.9%。
2-1.84%の女性、「働きやすくなった実感はない」。
2-2.働きやすくなった実感があるのは「女性を支持する制度が増えた」から27.0%
3.女性官僚のダブル辞任、「残念に思う」56%。


【選挙について】
4.最も女性の活躍を推進してくれそうな政党「なし/わからない」が60%、次いで自民党が19%。 

【増税について】
5.消費税増税により「買い控えをした」、働く主婦56%、ハイキャリア女性32%


【セクハラやじについて】
6.セクハラやじは「許せない」79%。

主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル/本社:東京都新宿区、代表取締役:増村一郎)と過去到達年収が400万円以上の女性の転職サイト『LiB(リブ)』(事業運営者:株式会社LiB/本社:東京都渋谷区、代表取締役:松本洋介)は、働く女性をテーマに会員女性に向けて、「2014年のニュース」に関するアンケート調査を行いました。 

「2014年は「女性が働く」ことについて、どのような年だったと思いますか?」 という質問に対して最も多かったのは、『保育園不足やマタハラなど、働き続けることがこれまでより難しくなった年』というネガティブな回答で39.9%。
回答者を主婦層に絞ると48.7%となり、その傾向はさらに高くなりました。次に多かったのは「企業が女性が働くことの価値をより認めはじめた年」とポジティブな回答で26.6%。“女性×働く”が注目された年だからこそ課題点が浮き彫りになり、対照的な内容が上位に並ぶ結果となったのかもしれません。


 一方、女性の活躍推進が掲げられた年にもかかわらず84%の女性が「働きやすくなった実感はない」と感じていることも分かりました。実感があると答えた人は16%で、「育休、産休等の女性を支持する制度が増えた」ことで働き
やすくなったと考えている人が最も多く、今後の施策推進におけるヒントとなりそうです。


調査概要

調査手法:インターネットリサーチ(無記名式)
有効回答者数:188名(既婚女性131名、未婚女性48名、既婚経験あり独身女性9名)
調査実施日:2014年12月2日(火)から2014年12月7日(日)まで
調査対象者:しゅふJOB会員 LiB会員

調査結果

調査データ1

調査データ2


調査結果は、PDFレポートをご覧ください。

過去の調査結果

アベノミクス“女性管理職30%”実現に向けて、働く主婦にアンケート調査~女性管理職に『結婚・出産』の壁83.3%~(2014.12.9)

配偶者控除・扶養枠廃止なら フルタイム希望の主婦「2倍」に~一方で、「働きたくても働けない人がいる」の声~(2014.6.5)

働く主婦、「3年超でも派遣で」63.3%~派遣法改正案どう思う?~(2014.4.15)

footerbanner_press

調査データの転載・引用をご希望の方、本調査に関するお問い合わせはこちらまで

株式会社ビースタイル 「しゅふJOB総合研究所」
担当 : 柴田、川上
TEL:03-5363-4402  FAX:03-5363-4544  e-mail:kikasete@b-style.net