株式会社ビースタイル

  • 仕事をお探しの方
  • 法人のご担当の方
  • ビジョンと戦略
  • 企業情報
  • 事業内容
  • ソーシャルアクション
  • ニュース・調査発表
  • 採用情報

女性にフラれる条件を公開! 長時間労働が当たり前な会社は嫌われる!? 27~33歳の「モヤモヤキャリア女子」200名にアンケート!



2016年5月19日(木)

株式会社ビースタイル


「これからの転職。」(運営会社:株式会社Shift(ビースタイル・グループ)東京都新宿区:代表水澤直人)の研究機関である「これからの転職。研究所」は、首都圏に勤務するキャリア女性(27才~33才)に『働きたくない会社の条件』についてアンケートを実施いたしました。結果をご報告いたします。(有効回答数200件)


リリース概要

1.「長時間労働前提の会社」「有給休暇が取りにくい」会社はフラれやすい

2.「社員のことを考えていれば制度に表れる」と鋭い意見も

3.これからは「労働時間の柔軟さ」が必須条件として求められる時代


「長時間労働前提の会社」「有給休暇を取りにくい」会社はフラれやすい

「これからの転職。」がターゲットとしている27~33歳の独身キャリア女性200名にアンケートを実施しました。「働きたくない会社の条件」では、「平均年収が低い」がトップ。下記のグラフに表した2位以下は「平均残業時間が多い」「有給休暇を取りにくい」など生産性や効率を軽視する長時間労働を前提とした文化や、「評価に男女差を感じる」といった公平さを欠き、性別による役割意識を感じる条件に票が集まりました。

2位以下の「働きたくない会社の条件」(3つ選択)

9位 身につけたいスキル、経験が得られない 10位 関わりたい業界・職種の仕事に就けない 11位 定年を待たずに転職する人が多い 12位 経営者の掲げる理念に共感できない 13位 在宅勤務制度がない 14位 キャリパスが曖昧 15位 事業が社会貢献につながっていない 16位 出張が多い 17位 女性管理職がいない 18位 社内に託児所がない

「社員のことを考えていれば制度に表れる」と鋭い意見も

同アンケートでは、「働き続けたい会社の条件」も集計。 育児勤務や時短勤務を重視した人からは「出産後のサポートがしっかりしている企業は社員のことを考えていると思う」というコメントも。整った制度は会社の姿勢を判断する材料になるととらえる向きが目立ちました。また、男女で不公平な評価や長時間労働に対する懸念の声も見られます。

「働きたくない会社の条件」を選んだ理由は・・・?

(「育児休暇が十分に取れない」「平均年収が低い」「有給休暇を取りにくい」を選択したAさん(27歳)のコメント)
・休暇取得ができない、取得しづらい職場は、それ以外にも色々と問題を抱えているケースが多いと感じる

(「評価に男女差を感じる」を選択したBさん(28歳)のコメント)
・男女平等は当たり前

(「時短勤務ができない」「平均残業時間が多い」「平均年収が低い」 を選択したCさん(30歳)のコメント)
・残業を毎日強制させる社風だと思うから

「働き続けたい会社の条件」を集計すると「平均年収が高い」「育児休暇が十分に取れる」に票が集まりました。

働き続けたい会社の条件(3つ選択)

8位 身につけたいスキル、経験が得られる 9位 在宅勤務制度がある 10位 定年まで働ける 11位 関わりたい業界・職種の仕事に就ける 12位 転勤がない 13位 女性管理職が多い 14位 キャリパスが明確 15位 事業を通じて社会貢献できる 16位 会社のネームバリューがある 17位 社内に託児所がある 18位 会社の理念に同意できる 19位 経営者の掲げる理念に共感できる 20位 出張が少ない

現代は「労働時間の柔軟さ」が最低条件として求められる時代

女性の転職市場に詳しい「これからの転職。研究所」代表の水澤直人は、アンケート結果について次のように分析しています。

 「現代は多くのマーケットが成熟し、成果が労働時間や行動量ではなく、発想力、能力に比例する時代です。能力のある優秀な女性社員に活躍してもらうには長時間労働を前提とした組織風土ではなく、労働時間を柔軟に調整できる制度や風土を企業として最低限備えるべきでしょう。

 優秀な女性社員を定着させ、なおかつ企業として持続的に成長し続けるためには、短時間でも成果を出せる考え方や価値観、スキルなどを組織全体に浸透させることが大切です。さらに、労働時間の長さや『頑張っている』といった印象ではなく、成果や生産性で男女分け隔てなく公平に評価することが重要です。

 アンケート結果で上位だった『平均残業時間が多い』、『有給休暇を取りにくい』などは、『これからの転職。』利用者からも頻繁に聞かれる転職理由です。また、いまだに『評価に男女差を感じる』という声も少なくありません。現在の職場でそのような悩みを抱えている女性は、冷静に転職・異動・残留を考えて動いた方が良いでしょう。その際には、外からでは見えない企業の女性活躍に対する姿勢や制度をしっかり見極めるため、第三者機関である転職エージェントを上手に利用してもらいたいと思います」


■調査概要
調査手法:インターネットリサーチ(無記名式)
有効回答者数:200名
調査実施日:2016年4月11日(月)から2016年4月18日(月)まで
調査対象者:年齢:27歳~33歳、性別:女性、未婚、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県に勤務する会社員(営業系、企画系、事務系、技術系等)
※報道関係者のかた向けに、当リリースに掲載しきれなかったアンケート結果をご用意しています。
※本リリースの引用の際は、必ず「これからの転職。研究所」とクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。

<「これからの転職。研究所」とは?>

「しなやかに生きたい、キャリア女性のミチシルベ」をキャッチコピーとして、キャリア志向の27歳女性のこれからのライフとキャリアについて調査・研究を行う機関です。 恋愛に励んだり、結婚・子育て後のキャリアを真剣に考えたり。仕事に打ち込みながらも、私生活での幸せも諦めたくない女性たち。「このままでいいの?」「いま、何かを変えるべき?」「同世代の女性はどう考えてる?」「これからの転職。研究所」は、27歳女性がぶつかる壁を調査・研究し、一人ひとりが自分らしいライフ&キャリアを考えるミチシルベとなっていきます。

<「これからの転職。」とは?>

女性管理職候補の育成・採用に力を入れている企業と、ライフステージが変化してもキャリアの継続・発展を希望するキャリア女性のための転職・採用支援サービスです。女性が働き続けられる組織への変革と女性の活躍推進を支援し、社会システムの変革を実現します。
https://www.korekara-no.com/career



<ビースタイル・グループ について>

『時代に合わせた価値を創造する(best basic style )』を理念とし現代の働き方・キャリアについての矛盾を解決するための事業を『女性』・『若者』に焦点を当てて展開しています。事業を通じて『女性』・『若者』がより活躍できる機会をつくり、社会システムの変革を実現します。




本プレスリリースに関するお問い合わせ先

(株)ビースタイルグループ広報担当:柴田・中村・宇佐美 
〒160-0022 東京都新宿区新宿FORECAST新宿SOUTH7階
TEL:03-6758-0085  FAX:03-5363-4544
e-mail:pr@b-style.net ホームページ:/

footerbanner_press